キューバ 街角だより ~ Informe de la Habana ~

エイムネクスト株式会社では、キューバの国立ハバナ大学に、2015年10月から日本語教師を派遣しています。 現在赴任されている山田芳子先生が、キューバの首都ハバナの街の人々や、日本とは事情の全く異なる生活の様子などを詳しくレポートしています。 “ キューバの今! ” をご紹介します。

タグ:朝食




第5日目:快晴!

 トリニダー(Trinidad)での2日め

 

Casaでの朝食:やはりボリュームたっぷり! 
トリニダー_朝食1
プラス、卵料理
トリニダー_朝食2
さらに、ミニサンドイッチ付き
トリニダー_朝食3

この日は遅めの朝ご飯を食べて、気ままに1日ブラブラ。

その中で、市立歴史博物館(入館料2
CUC)に立ち寄りました。

博物館は1階建て、中は昔の部屋台所、お土産物屋と、大して見るものはありませんが(失礼!(^^;))、塔の上からトリニダーの町が一望でき、塔に上る価値はあります。
塔の階段はでできていて、かなり狭くて、急

 
市立歴史博物館の塔
トリニダー_歴史博物館

歴史博物館の塔の上からの眺め革命博物館が見えます
トリニダー_歴史博物館からの眺望
 トリニダー_歴史博物館からの眺望2

屋上から見たマヨール広場サンティシマ教会
トリニダー_歴史博物館からの眺望3
屋上までの階段の出入り口
トリニダー_歴史博物館の屋上


<*Trinidadで、ちょっとよかったカフェテリア・レストラン 

Bella Piada”              

場所 Simón Bolívar & Antonio Maceo  の角 

  座席数20ぐらいの小さいお店で、イタリア系サンドイッチピザハンバーガーといった軽食屋さんです。とはいってもボリュームはあります。飲み物はコーヒージュースビールワインもあります。
キューバ料理にあきたら、立ち寄ってもいいかも!
料理は3~6
CUCぐらい、飲み物は1.5~3CUCぐらいです。


Bella Piada”の入口
トリニダー_cafe
 



第2日目&第3日目:ともに快晴!

 プラヤ・ラルガ(Playa Larga


両日ともに遅めの朝ご飯(これがすごい量!)を食べて、その後、ビーチでゴロゴロ。
本を読んで、適当に泳いで、夕方カーサに戻り、シャワーを浴びて、ビールを飲んで、晩ご飯を食べて・・・、寝る
何もしない贅沢

 * 朝食 *
プラヤラルガの旅:朝食

写真は、泊まったカーサでの朝ご飯。
フルーツジュースパンコーヒーは基本。
前日の朝ご飯は、このほかにパンケーキまであって、苦し~い。
毎朝しっかり食べていたので、昼ごはんは必要なし。
フルーツ、ジュース、コーヒーはどこのカーサでもおいしかったです。 

*ちなみに、フルーツはだいたいどこでも、パイナップル、パパイヤ、バナナ、グアバ、オレンジ、みかんでした。スターフルーツもありましたよ。

Playa Largaでの宿泊先(カーサ・パティクラル)情報;(私は3泊しました)

 Casa Orlairis

   Calle 2da #5B, e/1ra y 1ra, Barrio Mario López, Playa Larga,
   Cienaga de Zapata, Matanzas

    Tel:0053-4598-7419 /  Email:lafinca@nauta.cu

Viazulのバス停から歩いて3分。ビーチまで歩いて5~10分ぐらい。
部屋数は4つで、1階建て。

部屋によって宿泊料金は違いますが、私が泊まった部屋(ベッド2つ、エアコン、扇風機、ホットシャワー、トイレ付)は、1泊:25CUC+朝食5CUC

晩ご飯は、メイン料理によって値段が異なりますが、えび料理10CUC(サラダ、スープ、ライス付き)。ちなみにロブスターは15CUC。どちらもかなりボリュームがあります。

女主人、料理・掃除係の人ともに親切陽気です。片言英語は通じます。     

滞在中に停電があったのですが(実はキューバではよくある)、良かったのは、非常用のランプが部屋に用意されていたことでした。そして、部屋の床がピカピカでした。


*Casa Orlairisの入口
プラヤラルガの旅:casa-1
*建物の屋上で、タオルや服が干せます
プラヤラルガの旅:casa-2
*私が泊まった部屋…グリーンルーム?
プラヤラルガの旅:casa-3
*バスルーム:石鹸・トイレットペーパーあり。
プラヤラルガの旅:casa-4


部屋の前にちょっとした居間があり、わたしはここでビールを飲みながら本を読んでいました。

リラックスタイム ^ ^ 

プラヤラルガの旅:casa-5
 




このページのトップヘ