キューバ 街角だより ~ Informe de la Habana ~

エイムネクスト株式会社では、キューバの国立ハバナ大学に、2015年10月から日本語教師を派遣しています。 現在赴任されている山田芳子先生が、キューバの首都ハバナの街の人々や、日本とは事情の全く異なる生活の様子などを詳しくレポートしています。 “ キューバの今! ” をご紹介します。

カテゴリ: キューバ観光案内



第6日目:快晴!

 トリニダーの郊外:ロス・インヘニオス渓谷(Valle de Los Ingenios)

前日は町歩きしたので、この日は
観光用蒸気機関車に乗って、トリニダーから15キロぐらい離れた近郊のロス・インへ二オス渓谷(Valle de Los Ingenios)ナカ・イスナガ塔(Torre de Managa-Iznaga)に行ってきました。

 

運賃は往復10CUC
切符は当日、駅で直接買うか、前日までに町の旅行代理店で購入。
930AMトリニダー駅を出発。駅は町の中心から歩いて20分ぐらいのところにあります。

トリニダー駅
中央奥の青い建物は切符売り場 
ロス・インヘニオス渓谷_トリニダー駅
ロス・インヘニオス渓谷_トリニダー駅2

列車は観光客でいっぱいでした。
蒸気機関車では、走行中にもかかわらず、運転席に座って()写真を撮っている人もいました。(車掌にチップを渡すかどうかは不明)
列車にはBarもあります。田舎ののどかの風景を見ながら、ゆっくりと列車は走ります。

観光用ですが、途中で沿線上の人が乗り降りして、止まったりします。
ロス・インヘニオス渓谷_列車1

真ん中の車両はなんとBar車両です
ロス・インヘニオス渓谷_列車2
車窓からの眺め・・・
ロス・インヘニオス渓谷_車窓

1時間ぐらいでイスナガ駅到着
イスナガ駅
ロス・インヘニオス渓谷_イスナガ駅
1時間ぐらい周辺を見物、マナカ・イスナガ塔にのぼりました。塔に上るのにCUC
マナカ・イスナガ塔
ロス・インヘニオス渓谷_イスナガ塔
ロス・インへ二オス渓谷はトリニダーとあわせて世界遺産に登録されています。かつてさとうきび農園があったところで、マナカ・イスナガ塔は昔の見張り塔です。

塔の頂上から周りの風景を見渡すと、今は牧場(牛、馬)になっている様子が見えます。


マナカ・イスナガ塔からの眺め ①
右の建物は、昔の農場主の屋敷
写真手前の洗濯物のような白い布は、土産物屋で売っているテーブルクロス
ロス・インヘニオス渓谷_農場跡
塔からの眺め ②
ロス・インヘニオス渓谷_塔からの景色
ロス・インヘニオス渓谷_塔からの景色2

イスナガ駅からまた20分ぐらい機関車に乗り、もう少し先の駅まで行きました。ここで1時間ぐらい田舎の風景を見て、トリニダーに戻ります。
この駅でUターン
ロス・インヘニオス渓谷_周辺1
駅の近くのレストランでは、豚の丸焼きが・・・
ロス・インヘニオス渓谷_周辺2_ブタの丸焼き

ロス・インヘニオス渓谷_周辺3
沿線近くの家と子供たち
ロス・インヘニオス渓谷_周辺4
帰りは13:30ごろイスナガ駅出発
トリニダー駅に帰り着くのは
14:30ごろという行程です。(実際には1410帰着しました。)


 おまけ

実は、この旅行をした日は、年末12月31日
1年最後の日でしたが、お店はなんだか早仕舞い・・・。
花火もカウントダウンもなく静かに1年が終わりました
夜行くところはレストランかバーしかないので、私はリビングルームでひとり、テレビを見て、過ごしました。
テレビも年末特別番組はなく、通常のニュースドラマ音楽番組
あ、アメリカンフットボールの試合NFL)がやっていました。 

  




第5日目:快晴!

 トリニダー(Trinidad)での2日め

 

Casaでの朝食:やはりボリュームたっぷり! 
トリニダー_朝食1
プラス、卵料理
トリニダー_朝食2
さらに、ミニサンドイッチ付き
トリニダー_朝食3

この日は遅めの朝ご飯を食べて、気ままに1日ブラブラ。

その中で、市立歴史博物館(入館料2
CUC)に立ち寄りました。

博物館は1階建て、中は昔の部屋台所、お土産物屋と、大して見るものはありませんが(失礼!(^^;))、塔の上からトリニダーの町が一望でき、塔に上る価値はあります。
塔の階段はでできていて、かなり狭くて、急

 
市立歴史博物館の塔
トリニダー_歴史博物館

歴史博物館の塔の上からの眺め革命博物館が見えます
トリニダー_歴史博物館からの眺望
 トリニダー_歴史博物館からの眺望2

屋上から見たマヨール広場サンティシマ教会
トリニダー_歴史博物館からの眺望3
屋上までの階段の出入り口
トリニダー_歴史博物館の屋上


<*Trinidadで、ちょっとよかったカフェテリア・レストラン 

Bella Piada”              

場所 Simón Bolívar & Antonio Maceo  の角 

  座席数20ぐらいの小さいお店で、イタリア系サンドイッチピザハンバーガーといった軽食屋さんです。とはいってもボリュームはあります。飲み物はコーヒージュースビールワインもあります。
キューバ料理にあきたら、立ち寄ってもいいかも!
料理は3~6
CUCぐらい、飲み物は1.5~3CUCぐらいです。


Bella Piada”の入口
トリニダー_cafe
 



第4日目:快晴!

 プラヤ・ラルガ - トリニダー(Trinidad)へ

のんびり過ごしたプラヤ・ラルガを出て、世界遺産の街トリニダーへ移動。


10:15AM
に出発予定ですが、何とバスは20分以上前に到着、そしてそのまま出発しました…。
このバスはハバナ始発で、バスには日本人が乗っていたような気が…(途中の
Cienfuegosという町で降りていきました。)

トリニダーまでの田舎の道では、舗装されていない道も一時通りました。
 <トリニダーまでの風景>

トリニダー_way1
途中で寄ったガソリンスタンド
トリニダー_way2

*途中の町:Cienfuegos

トリニダーway_3
トリニダー_way4


*トリニダーのバスターミナル(町の中心にあります) 

トリニダー_バス停


14:00にトリニダーに到着。到着予定時刻は13:50だったので、ほぼ定刻

予約した宿泊先のカーサの人が、バスターミナルに迎えに来てくれました。

バスターミナルには宿泊客の名前の紙を持って迎えに来ている人が多く、また、カーサ・パティクラルの人も客引きをしているので、宿泊先が決まっていなかったら、ここで交渉してもいいかも。

町には古い家を改装したカーサ・パティクラルがいっぱいで、カーサ・パティクラルの隣も前もカーサ・パティクラル…といった具合です。

宿泊先のカーサで一休みしてから、町を散策しました。

 

<トリニダーの町並み>

トリニダー_街並み
同じ通りの (ちょっと角度が違いますが・・・)
トリニダー_街並み2


トリニダーは500年前に建てられた世界遺産の街で、スペイン植民地時代の古い街並み石畳の道…と趣きがあります。“Museum City of Cuba and the Caribbeanと、英語版の観光小雑誌には書いてありました。
町自体は小さいので
1日(か半日)ゆったりと町並みや建物を見ながら散策。疲れたら馬車に乗るのもいいと思います。
馬車ですが、観光用だけでなく、普通に運搬車としても働いています。・・・よって、道に馬糞が多い
(^_^;)

*町の中心:マヨール広場
トリニダー_マヨール広場

サンティシマ教会。左奥
の塔は革命博物館の塔
トリニダー_教会

サンティシマ教会の周辺
トリニダー_教会の裏
トリニダー_教会周辺

お店の前の2人は人形です
トリニダー_街並み3
トリニダー_街並み4

観光地だけあって、観光客(ヨーロッパ、カナダ、アジア人)、観光バスがいっぱいです。日本人観光客も、若い方を数人ですが、見かけました。
お土産物屋も多く、商品はキューバでよく見かけるチェ・ゲバラの
Tシャツ木で作ったアクセサリー人形マグネット、ここの名物刺繍のテーブルクロスなどです。


レストラン兼バーも多く、キューバ料理インターナショナル料理(といってもピザ、スパゲッティ、ハンバーガー、サンドイッチ)が主で、アジア系料理はありません。
街角にはカフェテリアがあり、疲れたら一服。


*お土産物やさん
トリニダー_土産物や1
*道のお土産物屋
トリニダー_土産物や
 

Trinidadでの私の宿泊先(カーサ・パティクラル) *ここに3泊しました。
 
Hostal  La Navarra

Piro Guinart #210 e/Antonio Maceo y Gustavo Izquierdo, Trinidad, Sancti.Spiritus

Tel: 041 993426
email: victoriaecherri1958@gmail.com or maria.echerri@nauta.cu

 

Viazulのバスターミナルから歩いて1。町の中心にあります。
部屋数は4つ。2階建てで、1階に2部屋、2階にも2部屋。

部屋によって宿泊料金は違いますが、私が泊まった部屋(ベッド2つ、エアコン、扇風機、ホットシャワー、トイレつき)は、1泊:30CUC+朝食4CUC

100
ぐらい前昔の家で、ちょっと優雅な気分で過ごせました。
中庭には鳥かごが5つもあり、朝は鳥の声で目覚めます。
女主人は貫禄あり。そのご主人はバスターミナルまで迎えに来てくれて、優しい感じのいい人でした。
 

*玄関
トリニダー_casa1

*玄関入ったところ
(12月末だったのでX'masツリーが)

トリニダー_casa2

*1階の中庭

トリニダー_casa3

*2階テラス(屋上?)

トリニダー_casa4

*私が泊まった部屋…
ピンクルーム!
トリニダー_casa5
*エアコンもピンクで可愛く装飾。
トリニダー_casa6

*バスルーム:
残念ながら便座がない!石鹸も・・・
トリニダー_casa8



第2日目&第3日目:ともに快晴!

 プラヤ・ラルガ(Playa Larga


両日ともに遅めの朝ご飯(これがすごい量!)を食べて、その後、ビーチでゴロゴロ。
本を読んで、適当に泳いで、夕方カーサに戻り、シャワーを浴びて、ビールを飲んで、晩ご飯を食べて・・・、寝る
何もしない贅沢

 * 朝食 *
プラヤラルガの旅:朝食

写真は、泊まったカーサでの朝ご飯。
フルーツジュースパンコーヒーは基本。
前日の朝ご飯は、このほかにパンケーキまであって、苦し~い。
毎朝しっかり食べていたので、昼ごはんは必要なし。
フルーツ、ジュース、コーヒーはどこのカーサでもおいしかったです。 

*ちなみに、フルーツはだいたいどこでも、パイナップル、パパイヤ、バナナ、グアバ、オレンジ、みかんでした。スターフルーツもありましたよ。

Playa Largaでの宿泊先(カーサ・パティクラル)情報;(私は3泊しました)

 Casa Orlairis

   Calle 2da #5B, e/1ra y 1ra, Barrio Mario López, Playa Larga,
   Cienaga de Zapata, Matanzas

    Tel:0053-4598-7419 /  Email:lafinca@nauta.cu

Viazulのバス停から歩いて3分。ビーチまで歩いて5~10分ぐらい。
部屋数は4つで、1階建て。

部屋によって宿泊料金は違いますが、私が泊まった部屋(ベッド2つ、エアコン、扇風機、ホットシャワー、トイレ付)は、1泊:25CUC+朝食5CUC

晩ご飯は、メイン料理によって値段が異なりますが、えび料理10CUC(サラダ、スープ、ライス付き)。ちなみにロブスターは15CUC。どちらもかなりボリュームがあります。

女主人、料理・掃除係の人ともに親切陽気です。片言英語は通じます。     

滞在中に停電があったのですが(実はキューバではよくある)、良かったのは、非常用のランプが部屋に用意されていたことでした。そして、部屋の床がピカピカでした。


*Casa Orlairisの入口
プラヤラルガの旅:casa-1
*建物の屋上で、タオルや服が干せます
プラヤラルガの旅:casa-2
*私が泊まった部屋…グリーンルーム?
プラヤラルガの旅:casa-3
*バスルーム:石鹸・トイレットペーパーあり。
プラヤラルガの旅:casa-4


部屋の前にちょっとした居間があり、わたしはここでビールを飲みながら本を読んでいました。

リラックスタイム ^ ^ 

プラヤラルガの旅:casa-5
 






第1日目:快晴!

ハバナ(La Habanaプラヤ・ラルガ(Playa Larga


Viazul
のターミナ7:00AM出発予定ですが、15分遅れで出発。まあ、定刻でしょう。(^_^;)

バスの中はヨーロッパ・カナダ人が多く、アジア人は私のみ。
この日は朝5時起きのため、道中はほとんど寝ていました。
出発2時間後に、レストランみたいなところで10分のトイレ休憩。でも実際は30分ぐらい休憩して、乗客はお茶していました。


バスは田舎道を走っていきましたが、道路は舗装されていて、定刻時間の
10:05AMプラヤ・ラルガに到着!(^^)/
田舎道のバス停のマークも何もないところで止まり、数人がここで降りました。また、乗ってくる人も数人いました。

*Playa LargaではViazulのバスはこんなところに止まりました…。バス停…?
プラヤラルガの旅:バス停

午後はプラヤ・ラルガのビーチでのんびりゴロゴロ。

晩ご飯は、泊まったカーサ・パティクラルでえび料理を食べ(ここでは食事の量が2人分あるかというほどの量で攻めてきた)、満足。

さて、このプラヤ・ラルガですが、実は観光地でもリゾート地でも何でもありませんから、見事に何もありません
海のリゾートにつきものの、海岸道路沿いにある海関連ショップ、お土産物屋さん、マリン・アクティビティ、東南アジアでよく見かけるビーチの物売りおばさん、ビーチパラソル、大音量の音楽、ナイトスポットといったもの…などなど一切ありません
わたしは、スーパーや小さい商店、カフェさえ見つけられませんでした。町にあるのは、銀行、
CADECA(両替所)、病院、カーサパティクラル兼レストランぐらいです。(要するに、ただの海辺の街です)
なので、食事は宿泊先で食べるか、他のカーサパティクラルのレストランへ行くぐらいしかありません。
値段はいずこも変わりませんが、ちょっと高めかな?何せ他にお店がないので…。(^^

*Playa Largaの街の様子

プラヤラルガの旅:町の外観1
プラヤラルガの旅:町の外観2
*草を食む馬。サッカー楽しそう!
プラヤラルガの旅:町の外観3
*道路は舗装されています
プラヤラルガの旅:町の外観4
 
ここは地元の人のビーチで、その中にちらほらヨーロッパ系の人がいるくらい。みんなビーチでゴロゴロ・・・。静かでのんびりでき、“何もしない派”の人にはいいピーチです。
もちろん海はきれいで、ミルク色がかった青色です。ただし、雨が降ったらやることなし。
わたしは
3泊もしましたが、幸運にも毎日快晴!しっかり焼けました。
キューバは海だけじゃありませんが、日差しは強いです。

*静かでのんびりしたビーチ。癒しのひと時。
プラヤラルガの旅:海1プラヤラルガの旅:海2
 



日本もキューバと同じく暑い季節になりましたね。夏休みの計画は立てましたか?

実は半年ほど前に、年末年始の休暇を利用してキューバの国内旅行をしました。その時の旅行記をUPします。是非、旅行先を考える際の参考にしてみて下さい!
キューバ、素敵なところです! !(^^)!

 

<旅行の概要>

旅行期間は8日間
 ビーチに行きたかったので、当初はリゾート地として有名なバラデロ
(Baradero)を考えたけど、年末の特別料金がとても高かったので、他のビーチにしてみました。私の下宿のKarlitaさんご推薦のプラヤ・ラルガ(Playa Larga)というビーチです。
 
 その後は、世界遺産の街トリニダー(Trinidad)、そしてゲバラの生まれた街サンタ・クララ(Santa Clara)へと行き、ハバナに戻りました。

 

 旅行形態は、もちろん1人旅、個人旅行(バックパッカー系?)です。

 宿泊先は、カーサ・パルティクラルCasa Particular)。キューバの個人が貸し出している家・アパートの1部屋に宿泊。(日本でもいうところの“民泊”です。)

交通手段は長距離バス(Viazulを利用しました。(*長距離バスについては、以前このブログでも紹介しているので、読んでみて下さいね。)

 

 

<運賃>

ハバナ(la Habana)- プラヤ・ラルガ (Playa Larga)        13CUC

プラヤ・ラルガ (Playa Larga)  - トリニダー(Trinidad)    12CUC

トリニダー(Trinidad)  サンタ・クララ (Santa Clara)    8CUC

         サンタ・クララ (Santa Clara) - ハバナ(la Habana        18CUC 

さて、旅行がどうだったかは・・・続きをお楽しみに! (*^。^*)


  キューバ地図_1
 
 


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ


先日、「キューバ国立美術館・キューバ館」「ユニバーサル館」2つの美術館を見てきました。
2館共通で
CUC=8ドル:外国人料金)ですが、私は外国人滞在証明書を所有しているので、これを見せるとキューバ人と同じ入館料CUP(40円ぐらい)になりました。
もう、外国人とキューバ人では大違い!
キューバ館のほうは見ごたえあり。結構、広かったですよ。

 

他には、住んでいるところの近く(ハバナ大学の近く)に、なぜか「ナポレオン博物館」があり、何が展示されているのだろうと前から気になっていたので、こちらも行ってみました。
ナポレオン時代の武器、ピストル、服、肖像画、食器などが展示されていました。
ちなみにこちらは無料でした。(^∀^)

 


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ


 Cubaturバスツアーを利用して、ハバナから西に150キロぐらいのところにあるVi
ñales(ビニャーレス)という所を観光してきました。ツアー料金は59CUC(ホテルPick-up、昼食、ガイド付き)で全行程11時間ぐらいです。

よく見かけるtranzturのバスで観光
ツアーバス
 

7:45にハバナリブレホテルのロビー集合。バスのPick-upは予想通り遅れて、バスが来たのは8:10頃でした。まあ、乗り合いツアーバスはこんなもんよね。(^^;)
このあと他のホテルの滞在客をひろいながら、9時近くにハバナ市内を出発。
ツアー客はイタリア人、ドイツ人、アメリカ人、台湾人(最近中国人じゃない台湾人観光客も増えている)といろいろ。でも日本人は私のみ。ツアー客は全部で30人ぐらいでした。

のどかな田舎の風景を眺めながら、2時間ぐらいでVi
ñalesから15キロぐらい離れた町ビナール・デル・リオに到着。ここでラム工場を見学しました。


ラム工場(Casa Garay・・・町工場という感じの小さなラム工場(両隣は普通の家)で、ここだけのGuayabita del Pinar(果物のグアバとサトウキビから作るラム酒)を醸造、販売しています。
ここではこのラム酒の試飲、瓶詰め作業見学、ほしかったらラム酒の購入(葉巻の販売もしている)もできます。
但しこの工場、ホントに小さくて、50人もツアー客が来たら入りきれなくて、工場内は混みこみ(まあ、工場を作った当時はこんなに観光客が来るなんて思ってもみなかったんでしょうね)。
で、わたしは工場外にある民芸土産店を見て、こことは関係のない皮のブックマークを買ったのでした。

ラム工場(Csa Garay)
ラム工場

 その後、またバスに乗り、景色を見ながら昼食レストランへ


 昼食レストラン(Mural de la Prehistoria・・・レストランはなかなか景色がいいところにあります。すぐそばの岩山の壁に壁画があります。ほとんどのツアー客はここで昼食です。
料理はキューバの典型的な料理で、サラダ、フルーツ、パン、じゃがバター、ローストポーク、コングリ(黒豆のご飯)、ミニデザート、デミカップのコーヒーと飲み物(水、コーラ、ビールから1つ選ぶ、その他は有料)で、まあまあおいしかったです。8人テーブルに座り、料理、飲み物はウエイターが持ってきてくれました。

レストラン周辺の景色
レストラン周辺
壁画
レストランの壁画
一番右の建物がレストラン
レストラン遠景
レストランの様子
レストランの様子

 お腹がいっぱいになった後は、ビニャーレスにある洞窟の1つ、La Cueva del Indio


洞窟(La Cueva del Indio・・・洞窟内を徒歩とボートで見学。
まず、歩いて洞窟内の奥にあるボート乗場へ行きますが、雰囲気は“カリブの海賊の洞窟”という感じでしょうか(でも、ここ、海じゃなくて陸ですが。)
それから、15人乗りのボートに乗って鍾乳石を見学しながら、洞窟の外へと出ます。
ここでちょっと不満が…(ブーブー)。
というのも、ボートに乗っている時間は10分もないですが、待っている時間は1時間Vi
ñales 1日ツアーはどの旅行会社も行程が同じで、行き先も同じ。ということは、同じ時間にツアー客が重なり合うわけで…。せめて、行き先の順番を変えるとか考えてよぉ。でも、この洞窟見学はツアーのハイライトだから、最初に持ってくることはできないのかなぁ。
ツアーは見どころを効率よく廻るから便利だけど、こういった待ち時間があるのは団体旅行では仕方がないんでしょうね~。

洞窟(La Cueva del Indio)
洞窟
洞窟の出口(ボートが帰っていきます)
洞窟の出口
 
 

 洞窟見学のあとは、葉巻の葉っぱを乾燥させている小屋の1つへ


葉巻の葉っぱを乾燥させている小屋(名前は忘れた)・・・見学したこの小屋では、68週間ぐらい葉っぱを乾燥させて、その後、葉っぱの80%を工場へ出荷するそうです。残りの20%はここで葉巻を作って、個人的に販売しているそうです。
小屋の中で葉巻販売をしていました。(110~15本:30cuc)。
ただ、葉巻のまわりに巻いてあるシールは貼ることはできないそう。でも、品質はいいとガイドの人は説明していました。まあ、産地直売ですよね。みんな結構買っていましたよ。
小屋のすぐ外のレストランでは、おじさんが葉巻作りを実演していました。このおじさん、実演あとには優雅に葉巻を吸っていました。(地産地消!? 

葉巻の葉を乾燥させる小屋
葉巻の工房
乾燥中・・・
葉巻乾燥中
小屋の中で販売中(1束30cuc)
葉巻の個人販売
葉巻づくり実演中
葉巻づくりの実演

 そして、ツアーの最後はビニャーレスの谷が一望できる展望台


展望台・・・写真でどうぞ。展望台周りにはプールつきホテル、お土産物屋、カフェ(バー)があります。

展望台からの景色
展望台からの眺め2
展望台からの眺め1

 ビニャーレスを堪能したあとは、ハバナへの帰路につきます。帰りのバスはシエスタ時間
…みんな寝ていました。
ハバナ市内に到着すると、行きとは反対の順序でホテルでツアー客を降ろして、ツアーは終了。ハバナのホテル到着は午後7時過ぎでした。
 バスの中からの景色(ハバナへの帰路)
バスからの景色1
のどかな感じがいいね・・・
バスからの景色2

 Viñales 1日ツアーですが、ビニャーレスの見どころは町の中心部から離れたところにポツンポツンとあるため、一人で1日で見物となるとタクシー手配とか大変です。なので、ツアーはお得かと思います。(ビニャーレスの町にもバスはありますが、本数は少ないようです。)

ツアーガイドはスペイン語英語で説明してくれます。
キューバの通貨
CUPCUCの違い、キューバ人の生活、平均月給、キューバ人にとって安いもの・高いもの、キューバ人で政府で働いている人は税金を払わなくてもいい、とかいろいろ興味深い話をしてくれました。スペイン語、英語がわかったら、混載ツアーも楽しいかもしれません。
 

 Viñalesですが、風光明媚なところで、ここだけで見られるかわった岩山(?)や洞窟などあり、のんびりしているので、時間があったら、ここで数日ボーっとして、自転車借りてサイクリングしながら(丘の上の展望台に行くにはさすがにきついと思いますが)、風景を楽しむのがいいと思います。
(次回行くなら、私はこの方法にします!)


その6)長距離移動の交通手段・・・バス(Viazul)以外
 
  キューバでの長距離移動の手段は、バス以外では、飛行機、鉄道、レンタカー、タクシーとあります。

飛行機は、長距離(la Habana ~ Santiago de Cubaなど)や離島へ行く便がありますが、料金はバスの2倍以上します。


一方、鉄道は安いけれど、遅いし、時間はかなり不正確。
外国人用に割り当てられている座席数も少ないので、外国人観光客が利用することはほとんどありません。列車の旅は風情があっていいのですが…。


レンタカーは、私は国際免許証がないので、利用できません…。
レンタカー会社のオフィスは、だいたい街中か、高級ホテルの中あるいはホテル近辺にあります。
私の住んでいる場所の近くにHabana Libre ホテルがあり、その近辺には2件ほどレンタカー会社があります。そのうちの1つのレンタカー会社の駐車場にある車を見たところ、キューバの基準からすれば新しい車(510年ぐらい前?)で、車種も小型車・中型車・バンとありました。日本車はありませんでした。料金は…わかりません。


他にハバナだったら、クラシックカーオープンカーを時間・行き先単位で借りることもできます。旧市街のParque Central辺りにはよくクラシックカーが止まっています(馬車も止まっています)。
運転手と値段交渉を。 


 キューバで、外国人観光客が長距離でよく利用するバスは「Transur」と車体に書いてあるバスで、旅行会社のオフィスで予約することができます。Viazulのバスが予約できなかったら、旅行代理店で聞いてみるのもいいと思います。また、このバスはツアーバスもあるので、効率よく観光地を訪れることもできると思います。


その5)長距離移動の交通手段・・・ 長距離バスViazul

Viazulは、キューバの主要都市間を結ぶ長距離バスです。

*Viazul  ハバナのバスターミナル入口*
入って左がチケット窓口

長距離バスチケット窓口

 
Viazulチケット予約・購入方法>

  行き先、出発日が決まったら、すぐ、インターネットhttp://www.viazul.comで予約・購入するか、バスターミナルでチケットを買うべし!
特に、観光シーズン(年末年始、7月、8月)は、出発日の2、3日前にチケットを買いに行っても満席の場合がよくあります。また、バスの本数も少ないので(人気路線でも1日3、4本)、早目に行動したほうがいいです。

ただ、比較的大きい街へ行くチケットなら、インターネットで予約・購入(クレジットカード払い)できますが、小さい町へ行くチケットだと予約できないので、バスターミナルで買うことになります。
バスターミナルで購入の場合は現金(CUCのみ)払い。しかも、バスターミナルもチケット売り場もなくバス停のみ、という所もあって、その場合は運転手から直接買います。空席があったら、乗せてくれます。

ハバナ
のバスターミナルの窓口では、キューバ全国のチケットが買えます。
バスターミナルのチケット窓口では、コンピューターを使っていますが、サービスは遅いので、行列・・・。1時間は並ぶ覚悟が必要。窓口の係員は英語が話せます。
 

<出発当日・バスに乗る際の注意>

 1時間以上前にバスターミナルでチェックインしないと、チケットがキャンセルされる可能性があります。大きい荷物は荷物取扱所で預け、半券をもらいます。荷物の重量制限があり、1人20キロまで。重量オーバーすると、追加料金を取られます。

 チェックイン後、名前、行き先、時間、座席番号(1D、9Aなど)らしきものが書かれた紙をくれますが、そのような座席番号はないので、バスの中では好きな所に座ります。
ターミナルでの案内放送、掲示板、バスの行き先表示もありませんから、乗車予定時刻ごろにViazulのバスが来たら、とにかく運転手に行き先を確認することです。
始発駅では割と時間どおりに出発します。ただし、途中駅から乗る場合、30分ぐらい早く着いたり(出発したり())、長距離路線になると1時間以上遅れることもありますが、中距離、6時間以内の区間だったら、出発到着時間はほぼ正確です(±15分は定刻ということで)。

  

Viazulのバス>

車種は中国製(中国宇通JUTONG)、トイレがついているバスもあります。冷房は強め20℃ぐらいで、上着はほしいです。座席の座りごごちはまあまあ、でも、リクライニングが壊れている席もあります。車内でのサービスは何もなく、運転手が到着場所を言うぐらいです。
2時間ぐらいごとにトイレ(たばこ?)休憩が入ります。

*Viazulのバス* 

長距離バス
*バスの中の様子*
長距離バスの中1
長距離バスの中2

Viazulバスの乗客>

客層は、1人旅、若者・中年のカップルやグループ、家族連れとさまざまです。
ヨーロッパ、カナダ、メキシコ人、アジア人(数名です)の個人旅行客が多いです。


<バスターミナル>

バスターミナルには、チケット売り場、トイレ、ちょっとした飲み物売り場、待ち合い場所、いすがあります。ハバナのバスターミナルはViazul専用ですが、地方へ行くと、キューバ人が乗る国内長距離用のバスと共有しているところもあります。 


<運賃>
 先日、Viazulを利用して旅行した際の運賃は次のとおり。

ハバナ(la Habana)⇒ プラヤ・ラルガ (Playa Larga):13CUC
プラヤ・ラルガ (Playa Larga) ⇒ トリニダー(Trinidad)12CUC
トリニダー(Trinidad) ⇒ サンタ・クララ (Santa Clara): 8CUC
サンタ・クララ (Santa Clara) ⇒  ハバナ(la Habana):18CUC

 

キューバ地図_1


 

このページのトップヘ