キューバ 街角だより ~ Informe de la Habana ~

エイムネクスト株式会社では、キューバの国立ハバナ大学に、2015年10月から日本語教師を派遣しています。 現在赴任されている山田芳子先生が、キューバの首都ハバナの街の人々や、日本とは事情の全く異なる生活の様子などを詳しくレポートしています。 “ キューバの今! ” をご紹介します。

カテゴリ: ハバナ情報



ますは近況(
20166月)。

ハバナ大学での日本語の授業は5/27(金)で全部終了。

2年生の期末試験6/()に、そして、プロジェクト「日本語劇『浦島太郎』」の発表が6/8()にありました。


授業は終わりましたが、ハバナ大学の日本語の先生方が8/258/28コスタリカでの「第8回中米カリブ日本語教育セミナー」に参加するため、そのセミナーでのテーマ「初級読解」についての教材探し、持ち寄った教材の分析、それを使っての教え方の提案といった、セミナー参加準備を手伝っています。


一方、6/7(火)からまた、スペイン語の新コースが始まりました。(こちらは生徒として参加中)

今まで、火曜日は日本語の授業の関係であまり出席していなかったのですが、今日行ってみたところ、(私が参加している)中級コース20人ぐらいいる学習者の多数派(半分以上)がアメリカ人になっていました。 さらに、いつもは人数が少ない上級コースにも学習者が20人以上いて、こちらもアメリカ人多数

アメリカの大学が夏休みなのもあると思いますが、ちょっとビックリ。
アメリカ人の大半は学生で、なにか夏休みの交換留学プログラムでもあるのかしら…?と思ってしまいました。(国交の問題って関係ないのかな?) 

  


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ

キューバ人の一般的な生活について、Viñales1日ツアーのガイド(キューバ人)のおじさんの話と、私がこれまでに聞いた話や生活してきた感じから、ご紹介します。

 

*平均月給;

 まずは、気になる「キューバ人の平均月給」ですが、ガイドの話によると約600CUP  cuc(25cup)=1USドル≒110円として計算してみると・・・2,640円 やすぅ――――!(でも、大学の先生の給与はナントこれよりも低い

これでは生活不可能!一体どうやって生活しているんだろう…と思ったら、そこは社会主義国、生活に必要なモノは保障されているとのこと。例えば・・・

 

*食料品;

 家庭に1冊「配給手帳」があります。これを持って、配給所に行くと、基本的な食料、お米・食料油・砂糖・卵・肉・魚・野菜・果物などがもらえます。ただし、完全に無料ではなく数十円は支払うそうです。
ある先生に「配給手帳」のコピーを見せてもらいましたが、それには、配給所の名前、日にち、配給を受けた人、物が記入されていました。
また、外食する場合、キューバ人相手の軽食屋さんだったら、サンドイッチ、ピザなどは510cup(約2244円)ぐらい、500mlの水だったら10cupぐらいで手に入ります。

 

*住まい/家・アパート;

ガイドの話によると、1959年の革命前までは、アパートだったら日本と同じように大家さんに家賃を払っていたそうです。しかし革命後、家・アパートは政府所有になり、人々は政府にお金を払うことになったそうです。
でも、支払うお金は数十
安くなって、しかもある程度払い続けたら、それ以上払わなくてもよくなったそうです。(ということは、持ち家とか持ち部屋になるのかな?)

10年ぐらい前までは個人での不動産売買は禁止されていましたが、現在は認められています。家(建物)を売ったら、新しい家を建てるか、外国へ移住するそうです。

 

*光熱費;

電気、ガス、水道、電話などの光熱費通信費は払います。基本的には、安いそうです。
ただ、大学の先生の話では、電気代は高いと言っていました。例えばこの先生の場合、6人家族で1ヶ月の電気代が100cupぐらい(約440円)だそうです。日本円の感覚からすれば安いんでしょうが、給料を考えれば高いよね…(給与の6分の1が電気代!?)

 

*交通費;

交通手段のバスかなり安いです。ハバナの路線バスは.4cup(約2)の一律料金
乗り合いタクシーでも近場だったら、10cup(約45円)。ちょっと遠くなると20cupです。(以前、外国人はこの乗り合いタクシーに乗れなかったそうです。)

長距離バスの場合、Viazulは外国人用ですが、キューバ人の長距離バス(外国人は乗れない)は安いです。学生の話では、お金がない場合はヒッチハイクもよくするそうです。

 

*医療・教育;

医療無償で、大学も無料です。(だから、学生はよく休むのかしら…? 

 

と、それなりに社会保障はありますが、これだけで生活できるわけがなく、食べ物にしても、お菓子など子どもは食べたいだろうし、服や日用品だって買わなければならないし、今だったら、携帯電話、パソコンもほしいし、インターネットだってしたい。家にしても古いから修理が必要だろうし。

で、学生によると、30年ぐらい前は1ヶ月の給料で生活できたけど、今ではできない…と言っていました。
だから、キューバ人の家族は大家族 。結婚しても、夫か妻のどちらかの家で同居します。
(まあ、新しい住まいを探しても、アパートや家などがないんですけどね…。)

また、家族や親せきの中で誰か1人は外国で働いている、という家庭も結構あります。教えている学生の中に「父はスペインで働いています」と言った学生もいましたし。

それに、表立っては言いませんが、大学の先生も結構アルバイトをしています。

やっぱり、生活大変なんですよね・・・。 


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ


先日、「キューバ国立美術館・キューバ館」「ユニバーサル館」2つの美術館を見てきました。
2館共通で
CUC=8ドル:外国人料金)ですが、私は外国人滞在証明書を所有しているので、これを見せるとキューバ人と同じ入館料CUP(40円ぐらい)になりました。
もう、外国人とキューバ人では大違い!
キューバ館のほうは見ごたえあり。結構、広かったですよ。

 

他には、住んでいるところの近く(ハバナ大学の近く)に、なぜか「ナポレオン博物館」があり、何が展示されているのだろうと前から気になっていたので、こちらも行ってみました。
ナポレオン時代の武器、ピストル、服、肖像画、食器などが展示されていました。
ちなみにこちらは無料でした。(^∀^)

 


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ


実は4月11日からの1週間は大学が休みで、外国語学部の建物も閉まっています。

理由は、Victoria de la Semana(勝利週間”と訳してみた。)

1961年4月に起きた「ピッグス湾事件」…アメリカが支援する部隊がキューバの南方にあるピッグス湾を攻撃しましたが、キューバが勝利したそうで、祝日ではありませんが、それを記念して休みだそうです。


ただし、休みになるのは学校と学校関係の機関・会社で、普通のところは休みではありません。

早く言ってくれたら、旅行計画立てたのに・・・。
でも、近場だったら行けるかな。 

・・・ということで、木曜日にはビニャーレスという観光地へ行って来ようかと思います。(初の1日ツアー旅行!)

 


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ

大きな事件はそんなに起こりませんが、小さい出来事が起こるのは日常茶飯事で、今週はそんなことばかりの典型的な週でした。

≪月曜日≫・・・

住んでいるCasa Particularに、ジカ熱対策の消毒が来ました。部屋中が煙に・・・。
2時間ぐらいで煙はなくなりましたが、においはその日中残りました。消毒してくれるのはありがたいけど・・(2日後には蚊が飛んでいましたが、いったい何の消毒?)

 

≪火曜日≫・・・

昨年の9月末に来たとき以来ずーっと故障中の外国語学部のエレベーターの修理が始まりました(そして、うるさい!)

部品が届いたみたいだけど、修理はこれで3回目。本当に直るのだろうか。
キューバでは古いエレベーターには乗らないほうがいいです。時々停電があるし、それに、いつストップするかわからないし。

ここのエレベーターが動くようになったとしても、元気なうちは階段を使おう!

 

水曜日≫・・・

時々停電があると書きましたが、その停電が夜にありました。1ヶ月ぶりぐらいのことですが、災害がなくても停電はあります。
ただ、いいところは停電してからの回復は意外と早く、1時間か2時間ぐらいすれば回復します。でも、いつも原因はわからない。(単に電力供給が足りていないだけでしょうけど)

 

木曜日、金曜日≫ そして、今日も続く、エレベーター修理工事・・・

 

どちらかといえば、最近の日本ではあまりお目にかからないことばかり。
今の日本で、保健所の人が来て(ここでは軍人ですが)家を消毒することなどあるのかな。


それに日本では、エレベーターやエスカレーターの点検・メンテナンスは定期的にあると思いますが、ここでは故障したら修理するという考えでしょうか。それでも、修理に必要な部品があればいいけれど、ない場合はどうしようもありません。
停電も日常的ですし、道路歩いていると、たまに信号が消えていることもあるし・・・。それでも交通整理に警官が来ることはありません。

なかなか油断ならない日常生活です。

 


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ


アメリカと54年ぶりに国交が回復してから、半年以上がたちましたが、実際の生活面においては、あまり変化はなく、物資不足解消には至っていません。けれど、それでも変化を実感することがあります。それは何と言っても外国人観光客の増加です。


年末あたりから観光客が増えてきたなぁと思いましたが、最近はさらに増え、旧市街は観光客であふれています。

*La Habana 旧市街*
オビスポ通りは人、人、人・・・ 
オビスポ通り_2
*アルマス広場*
アルマス広場

昨年9月末にハバナに来た当時はほとんど日本人観光客を見ませんでしたが、(日本の大学が3月は春休みということも関係あるのかもしれませんが)現在は旧市街を歩けば、必ず日本人観光客を見かけるようになりました。(4、5人程度ですが。)

観光客増加にともない、ハバナのホテルは満室状態で、
5月までホテル予約が厳しい状況。
日本大使館からのメールによると、「3月中旬~下旬は、ハバナに所在する主要ホテルについては、既に予約が完了していても、バラデロ等に所在するホテルに移動させる措置を取るとの情報があ
り」とのことです。でも、そのバラデロのホテルも7月頃まで予約でいっぱい、と噂で聞いたのですが・・・・
そうなると宿泊先はCasa Particularでしょうか。これはホント、どんどん増えてきています。


その観光客がよく乗っているハバナ・バスツアー赤い2階建てバス、大学のそばを走っているのでよく見かけますが、これも満席状態で走っています。ちなみにこのバスですが、昨年まで同じルート1日乗り降り自由でCUCでしたが、今年から値上げして10CUCになりました。(上げすぎだ!)


その他、工事中だった旧国会議事堂(Capitolio)の前の大通りObispo通りのブロックの道が、320日(日)の米国オバマ大統領のキューバ訪問にあわせるかのように工事終了。ただし、旧国会議事堂(Capitolio)は今も修復中。何年やっているのだろう、この修復。

また、これまで空調設備修理のため閉館中だった国立美術館ユニバーサル館が再オープン(CUC国立美術館キューバ芸術館と共に入場するならCUC)。
その他、芸術関係では、フエルサ要塞の外の塀にスペイン、マドリッドにあるプラド美術館所有の絵画の写真が展示されています。(3月4日~5月4日まで)

フエルサ要塞_1
フエルサ要塞_2
フエルサ要塞_3
*おまけ:フエルサ要塞の外壁とハバナの警官*
フエルサ要塞_4


さらに、318日~27日まではイギリス大使館が
『Music is Great Britain』の催しを開催しています。(ただし、これがどこでやっているのかわからず。)
Rolling Stonesのキューバ公演325日、場所:Ciudad de la Deportiva20002030開演、無料にあわせたのかな?


最近のハバナはいろいろなイベントがあり、本当に活気にあふれています!!



その6)長距離移動の交通手段・・・バス(Viazul)以外
 
  キューバでの長距離移動の手段は、バス以外では、飛行機、鉄道、レンタカー、タクシーとあります。

飛行機は、長距離(la Habana ~ Santiago de Cubaなど)や離島へ行く便がありますが、料金はバスの2倍以上します。


一方、鉄道は安いけれど、遅いし、時間はかなり不正確。
外国人用に割り当てられている座席数も少ないので、外国人観光客が利用することはほとんどありません。列車の旅は風情があっていいのですが…。


レンタカーは、私は国際免許証がないので、利用できません…。
レンタカー会社のオフィスは、だいたい街中か、高級ホテルの中あるいはホテル近辺にあります。
私の住んでいる場所の近くにHabana Libre ホテルがあり、その近辺には2件ほどレンタカー会社があります。そのうちの1つのレンタカー会社の駐車場にある車を見たところ、キューバの基準からすれば新しい車(510年ぐらい前?)で、車種も小型車・中型車・バンとありました。日本車はありませんでした。料金は…わかりません。


他にハバナだったら、クラシックカーオープンカーを時間・行き先単位で借りることもできます。旧市街のParque Central辺りにはよくクラシックカーが止まっています(馬車も止まっています)。
運転手と値段交渉を。 


 キューバで、外国人観光客が長距離でよく利用するバスは「Transur」と車体に書いてあるバスで、旅行会社のオフィスで予約することができます。Viazulのバスが予約できなかったら、旅行代理店で聞いてみるのもいいと思います。また、このバスはツアーバスもあるので、効率よく観光地を訪れることもできると思います。


その5)長距離移動の交通手段・・・ 長距離バスViazul

Viazulは、キューバの主要都市間を結ぶ長距離バスです。

*Viazul  ハバナのバスターミナル入口*
入って左がチケット窓口

長距離バスチケット窓口

 
Viazulチケット予約・購入方法>

  行き先、出発日が決まったら、すぐ、インターネットhttp://www.viazul.comで予約・購入するか、バスターミナルでチケットを買うべし!
特に、観光シーズン(年末年始、7月、8月)は、出発日の2、3日前にチケットを買いに行っても満席の場合がよくあります。また、バスの本数も少ないので(人気路線でも1日3、4本)、早目に行動したほうがいいです。

ただ、比較的大きい街へ行くチケットなら、インターネットで予約・購入(クレジットカード払い)できますが、小さい町へ行くチケットだと予約できないので、バスターミナルで買うことになります。
バスターミナルで購入の場合は現金(CUCのみ)払い。しかも、バスターミナルもチケット売り場もなくバス停のみ、という所もあって、その場合は運転手から直接買います。空席があったら、乗せてくれます。

ハバナ
のバスターミナルの窓口では、キューバ全国のチケットが買えます。
バスターミナルのチケット窓口では、コンピューターを使っていますが、サービスは遅いので、行列・・・。1時間は並ぶ覚悟が必要。窓口の係員は英語が話せます。
 

<出発当日・バスに乗る際の注意>

 1時間以上前にバスターミナルでチェックインしないと、チケットがキャンセルされる可能性があります。大きい荷物は荷物取扱所で預け、半券をもらいます。荷物の重量制限があり、1人20キロまで。重量オーバーすると、追加料金を取られます。

 チェックイン後、名前、行き先、時間、座席番号(1D、9Aなど)らしきものが書かれた紙をくれますが、そのような座席番号はないので、バスの中では好きな所に座ります。
ターミナルでの案内放送、掲示板、バスの行き先表示もありませんから、乗車予定時刻ごろにViazulのバスが来たら、とにかく運転手に行き先を確認することです。
始発駅では割と時間どおりに出発します。ただし、途中駅から乗る場合、30分ぐらい早く着いたり(出発したり())、長距離路線になると1時間以上遅れることもありますが、中距離、6時間以内の区間だったら、出発到着時間はほぼ正確です(±15分は定刻ということで)。

  

Viazulのバス>

車種は中国製(中国宇通JUTONG)、トイレがついているバスもあります。冷房は強め20℃ぐらいで、上着はほしいです。座席の座りごごちはまあまあ、でも、リクライニングが壊れている席もあります。車内でのサービスは何もなく、運転手が到着場所を言うぐらいです。
2時間ぐらいごとにトイレ(たばこ?)休憩が入ります。

*Viazulのバス* 

長距離バス
*バスの中の様子*
長距離バスの中1
長距離バスの中2

Viazulバスの乗客>

客層は、1人旅、若者・中年のカップルやグループ、家族連れとさまざまです。
ヨーロッパ、カナダ、メキシコ人、アジア人(数名です)の個人旅行客が多いです。


<バスターミナル>

バスターミナルには、チケット売り場、トイレ、ちょっとした飲み物売り場、待ち合い場所、いすがあります。ハバナのバスターミナルはViazul専用ですが、地方へ行くと、キューバ人が乗る国内長距離用のバスと共有しているところもあります。 


<運賃>
 先日、Viazulを利用して旅行した際の運賃は次のとおり。

ハバナ(la Habana)⇒ プラヤ・ラルガ (Playa Larga):13CUC
プラヤ・ラルガ (Playa Larga) ⇒ トリニダー(Trinidad)12CUC
トリニダー(Trinidad) ⇒ サンタ・クララ (Santa Clara): 8CUC
サンタ・クララ (Santa Clara) ⇒  ハバナ(la Habana):18CUC

 

キューバ地図_1


 


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ


その4)

 ①持ち物・服装

 カーサに宿泊する場合、アメニティグッズはほぼありませんから、忘れずに用意して行きましょう。こちらでも石鹸やシャンプーなどを買うことはできますが、旅行用の小さいものはありませんから、旅行中に使用する分は持参した方がいいです。 


 服装は、Tシャツ、短パン、ジーンズで十分です。長距離バスに乗るなら冷房がきついので、カーディガンなどの上着はあった方がいいです。

こちらの女の人は体にFITした服装を好み、タンクトップ、短パン(かなり短い!)など、露出度は高いです。

 


 ②
食事・レストラン

 ハバナだったら、キューバ料理、インターナショナル料理(ヨーロッパ系)、数は少ないですが中国料理、日本料理(も)のレストランといろいろありますが、地方に行くと、ほとんどがキューバ料理かインターナショナル料理になります。

ファーストフードのお店はあまりなく、カフェテリアのピザ、サンドイッチぐらいです。

レストランで注文してから料理が来るまで15分以上はかかるので、飲み物を注文して、ゆっくり1時間ぐらいかけて食事をします。

 サービスや味は…値段相応です。美味しくていいレストランは、やはりお客さんが入っているレストランです。高級レストランだったらサービス料として10%ぐらいとります。どのレストランも料理はボリューム満点で、2人で1人分がちょうどいいぐらいですが、こちらではシェアして食べるということはあまりしません。この辺はヨーロッパ的…?

 



 ③道路・交通事情

幹線道路は舗装されていますが、つぎはぎ道路も結構あります。田舎へ行くと舗装されていない道路もあります。また、幹線道路でも街灯のないところが多かったり、ハバナでも街灯はオレンジ色の暗い電灯だったりで、夜は本当に暗いです。


 こちらでは車は右側走行。右折する際には信号が赤でも右折できます。また、歩行者優先という考えもありませんから、道を渡るときは注意しましょう。歩行者は、車が来なかったら、信号無視して渡ります。・・・!


 歩道ですが、これが凸凹。非常に歩きにくいです。したがって、歩きやすいスニーカーかサンダルが一番です。

 




キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ


その3)キューバの宿泊施設
 

1.ホテル

   外国人観光客がよく利用する宿泊施設は、もちろんホテルですよね。

わたしはハバナ市内のホテルには泊まったことがないのですが、外から見た印象は、古い建物を改装したり修復したものが多いようです。
ハバナの新興地域では、新しく建設された大型ホテルがいろいろあります。ハバナの中心から少し外れた高級ホテルにはプールもあります。

料金は、年末年始には特別料金で高くなり、1人旅にはつらいかも。特にリゾート地の高級ホテルは高く、もしかしたら日本よりも高い!?



2.カーサ・パルティクラルCasa Particular)またはオスタルHostal

 ツアーではなく、個人旅行や一人旅、バックパッカーだったら、キューバ人個人の家やアパートの1部屋を借りる“カーサ・パルティクラル”も1つの選択肢だと思います。地方へ行くとホテルよりも多いぐらいです。
Casa_外国人用
外国人用 Casa Particularのマーク(青色)

Casa_キューバ人用
キューバ人用 Casa Particularのマーク(赤色)


料金は1部屋20~30CUCぐらいで、朝食は1CUC程度です。これらはWebサイトを持っているところも多いので、検索してみて、良さそうだったら予約してもいいかもしれません。

カーサ・パルティクラルには、リビングルーム、ダイニングルーム(共同)があり、各部屋にはベッドの他にトイレ、シャワー、テレビがあるところもあります。もちろんトイレ・シャワー共同のところもあります。
カーサによって設備に違いがありますので、現地に到着してから泊まる所を探す場合は、必ず部屋を見せてもらって、設備チェックベッドの状態、トイレの水が流れるか、シャワーのお湯が出るか、エアコンがあるか、鍵がしっかりかかるかなど)や、料金を確認することです。
古い建物を改装・改築しているところが多いので、メンテナンスや清掃がきちんとされているかは重要なポイントです。

また、比較的安全なキューバとはいえ、建物の周りの環境も注意して見ましょう。

 

 そして、次の行き先や到着日は決まっているけれど、まだ宿泊所が決まっていない というのでしたら、今泊まっているカーサ・パルティクラルの()主人に、次の行き先でのカーサ・パルティクラルを紹介してもらうのも1つの方法です。
長年カーサ・パルティクラルを経営しているところだったら、彼女()らは他の都市のカーサ・パルティクラルとネットワークを持っているので、いいところを紹介してくれると思います。また、いい人だったら予約もしてくれます。
 ()主人はだいたい英語が話せるので(但し、田舎へ行くほど英語を話す割合は低くなる)、希望料金、設備、場所などいろいろ相談したらいいと思います。

 



このページのトップヘ