キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ


さて、現代社会においてインターネットはどの国でも欠かせないものだと思いますが、キューバ(ハバナ)での現在のインターネット事情をお伝えします。


 1. 私の場合 

  職場がハバナ大学ということもあり、外国学部1階と4階でのインターネット(WIFI)を利用しています。
  ただし、接続時間は遅く、Websiteを検索して見ようものなら、10秒以上はかかります。(イライラ・・・)
悪いことに学生がいっせいに使い始める時には、さらに接続が遅くなり、ひどいときには接続が切れる。(これがメールタイプ中や送信中におこると「キ―――――ッ!」となる。)
メールは、素速くタイプして素速く送信しないと、送れなくなりそうで、こんな時はとても短いメールになってしまいます。

・・・と、インターネットの質においてはよくないですが、これも無料で使えると思えば「よし」とすべきでしょうか。ただ、15時以降学生が帰り始めると、それなりに接続はましになります。

2. 街中でインターネットをする場合

  高級ホテルのビジネスセンターに行って、カードを買います。カードというより紙?にはIDとパスワードが書いてあります。
例えば、ホテルHavana  Libreでは1時間10 CUC( = 10ドル)で3日間有効(高い!)でもその分、接続状態はいいです。
一般のキューバ人(外国人も)の利用方法としてはETECSA(インターネット会社はこれしかない)のプレハブ、ブースみたいな(たまたまかな)お店へ行ってWIFIカードを購入します 。これがまた行列・・・。

*WIFIカード*
wifiカード


*WIFIカード(裏)*
  BlogPaint


  外国人の場合は、購入の際にパスポートが必要になります。
  カードの種類は1時間2CUCか 5時間10 CUCで、  両方とも使用開始から30日間有効です。

  
  購入後、街中にある
WIFI-SPOTへ行って、カードに書いてあるIDとパスワードを入力してインターネットをします。WIFI-SPOT がどこにあるかわからなくても、人が集まって、携帯電話かパソコンをしていたら、そこがSPOT。(結構人が大勢集まって、みんなケータイいじっているので、すぐにわかります。)
  電話会社のほか、ホテルの内外がSPOT
みたいです。ただ、場所、時間帯、携帯機種によっては接続が悪かったり、できないこともあるようです。

   *
InternetWIFI)については普及段階で、家庭にはほとんどありません。

    また、キューバで速さ、快適さを求めるのは、まだ無理でしょう・・・。無料WIFIも・・・。


  あと、外国学部のネット使って、FACEBOOKにアクセスしようとすると、Blockされます。(!)
  ここだけかもしれませんが、(というのは街中のWIFIではできるようなので)規制もあるようです。