キューバ 街角だより ~ Informe de la Habana ~

エイムネクスト株式会社では、キューバの国立ハバナ大学に、2015年10月から日本語教師を派遣しています。 現在赴任されている山田芳子先生が、キューバの首都ハバナの街の人々や、日本とは事情の全く異なる生活の様子などを詳しくレポートしています。 “ キューバの今! ” をご紹介します。

2016年01月


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ


 1月22日(金)19:00から2時間半ぐらい日本大使公邸で新年会があり、招待を受け、行ってきました。

この会には70人ぐらいの人が集まりました。主なメンバーは、日本人駐在員とその奥さん、日系人、交換留学生の人たちでした。

渡辺大使の挨拶、餅つきのイベントがあり、ビュッフェ形式で食事(サラダ、おすし、てんぷら、おでん、刺身、角煮など)をいただきました。最後は、日本でのど自慢大会2位になった(!)クリスティーナさんによる日本語の歌「♪見上げてごらん、夜の星を♪」とスペイン語の歌でお開きになりました。

キューバでついたおもちが味わえるとは思いませんでした。なかなかの味でした。

そのとき撮った写真です。(ちょっとブレていますが…) 

 <餅つきをする渡辺大使>ピントが…
新年会_渡辺大使
餅つきをする大使館職員の方>
新年会_大使館員
エビ天、おでんの卵などなど…をいただきました
 新年会_食事_おでん
お雑煮
新年会_お雑煮
*歌を披露するクリスティーナさん*
新年会_クリスティーナ
 


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ


 今生活している下宿は、毎日
3食付、ペットボトルの水あり、掃除もしてもらえるので、せいぜい日用品(石鹸シャンプー)とお菓子か小物アクセサリーぐらいしか買い物していないのですが、ハバナでの買い物事情をお届けします。

1. 野菜・くだものなどは、Agromercado(農産物市場)または街角で行商人から買います

量り売りです。棚・かごにある野菜・くだものを自分で選んで、お店の人に渡して、量りではかってもらって買います。CUP払い、かなり安いと思います。日本にない野菜もありますが、種類は少なめ、時季のものしかないような・・・。

*Agromercadoの店先*Agromercadoの店先
“Yuca”はいも類。中は白く、じゃがいもを淡白にした感じの味で、ゆでるか揚げてメインディッシュに添えられます。

*行商のスタンド*行商スタンド

 . 肉・パン・たまごなど毎日食卓に出る生鮮食料品はそれぞれのお店で買います。

  肉屋は、店頭にどーんと大きい肉のかたまりを置いて、切り分けて売っています。衛生的に大丈夫なのだろうか。(でも、スーパーのコーナーで日本のような肉屋の販売方法もあり) 
パン屋は、食事のときに食べるパンおやつがわりの菓子パン(デニッシュ・ドーナツ)とでは、お店が分かれている気がします。菓子パンの店ではケーキ・エクレアなども売っていますが、キューバのケーキはスポンジがパサパサで、美味しくないです…。日本のようないちごのショートケーキはありません。トレイに自分の好きなパンを取って、レジで支払うという方法ではなく、どちらのパン屋もカウンターケースに入っていて、店員に○○がいくつほしいか言って、店員に袋に入れてもらって、お金を払います(日本のケーキ屋さんみたいな感じ)。日本のような惣菜パンはありません。 

.その他の食料品はスーパーやMercado(市場)で買います。
スーパーには、お米・乾燥パスタ・油・調味料・缶詰・びん詰め・お菓子・清涼飲料・水・アルコール・アイスクリームといった日持ちするものが置いてあります。
外国のポテトチップ「
Pringles」、ビール、ワインもありますが、種類は少なめで、選択の余地はありません。
また、電子レンジで温めるだけで食べられるような冷凍食品やお惣菜といったものもありません。日本の食材やインスタント食品も地元相手のお店にはまずありません。

4. 日用品(シャンプー、歯ブラシなど)は、日用品店かスーパーの1コーナーで買います。

商品はカウンターのショーケースに入っていて、カウンター越しに店員にほしいものを言い、見せてもらって、購入します。外国のシャンプー(L’OREAL)などがありますが、日本のドラッグストアのように安売りはしていないので、有名な外国物は日本と同じぐらいか、もっと高いです。また、どこの国のシャンプー、リンスかわからない、見たことのないものを売っています。

 

 5. ファッション関係(靴・服・時計・サングラスなど)は、ショッピングセンター内または街の専門店で買います。

 ヨーロッパの有名ブランド“Benetton”、“Puma”、“Adidas”などが結構ありますが、日本で買うのと同じぐらいの値段(!)で、流行は関係ありません。土地柄か、コートやセーターを売っているのを見かけたことはありません。


 6.  おみやげは旧市街で。

キューバ(ハバナ)の主なお土産は、葉巻以外では、手作り民芸品(アクセサリー、革のバッグ、置物)、絵、絵葉書、Tシャツで、同じようなものはどこで買っても同じような値段です。タイの露店で買うように交渉して値切って買おうとしたら、ダメでした。ただ、1個3CUCを2個買うと5CUC、5個買うと10CUCというように、たくさん買うと安くなります。

 

 7.  他にも薬局、本屋、CD/DVD屋などありますが、小さいお店・個人のお店が多いです。

 

買い物は日本の大型スーパーのように1ヶ所ですべてがそろうということはなく、小さいお店を巡って買うという感じでしょうか。

一度、Miramar地区へ行く途中でSUPERMERCADOと書いてある大きめのスーパーを見たことがありますが、中へ入ったことはないので、実際どんな感じかわかりません。

また、日本のスーパーのように棚にいろいろなメーカーの、いろいろな商品があふれているということはなく、だいたい1つのメーカーのものが数種類あるぐらいで、選んで買うこともなく、買い物の楽しみはあまりありません。
それで余計なものは買わないので、無駄遣いもなし。


支払い(CUCCUP

現金の支払いはというと、私は日用品はCUC/CUP両方で表記してある店でCUCで支払いをしていて、お店の人もおつりをCUCでくれます。CUC払いでもCUPから換算した値段なので、支払い金額は同じです。ホテル内、観光客相手のお店はCUC表示の値段ですが、CUPに換算して支払うこともできます。ただ、地元の人相手のCAFÉ、アイスクリーム屋さんなどはCUP払いなので、ここではCUPで払います。(安いんですよ~Casa Karlita近くのCafeteriaのデミカップコーヒーは1CUPです。5円ぐらい?ただし、店頭立ち飲み。アイスクリームは3-5CUPぐらい)

概して、農産物や食料品など
CUP払いのものは安く、観光客相手のものや外国製品、輸入品は高いです。また、お土産物屋さんはよく店頭で声をかけていて愛想がいいですが、スーパーなどのお店は、文化の違いでしょうがサービス精神というものはなく、カウンターもレジの人も…特におばさんは結構怖い…というか、キューバの女の人は強い…です。

にほんブログ村 海外生活ブログ キューバ情報へ
にほんブログ村
キューバの人たちの年末年始の習慣を、学生・先生の話からご紹介します。

   
キューバの年末年始の習慣では、日本と似ているところもあります。

それは、大晦日に家の大掃除をすること。家の奥から始め、最後は玄関を掃除します。
それから、家族が集まって食事をします。日本のように年越しそば、おせち料理といった特別な料理はなく、キューバの家庭料理(だいたい肉料理)を食べます。


 一方、キューバ独自のお正月の習慣はというと…、

新年0時になったら、道路に向けて水をかけます(浴びせます)。それで、人々はびしょ濡れになります。これは去年のイヤなことを忘れて、新しい年を迎えるという意味があるそうです。文字どおり「水に流す」^^;?(学生からの情報によると、ハバナ旧市街では30分ぐらい続いたそうです)

それから、新年なので新しい服を着て、スーツケース(中身はカラ)を持って、家の周り1ブロックを歩くそうです。キューバ人は実は旅行好きで、新しい年には旅行できますように…という願望を込めて行なうのだそうです。ただ、実際にこれをしている人は、今はあまりいないようです。
元日はちょっとお正月という感じですが、2日からはまた通常どおり。短いお正月です…。

ちなみに、1月1日はキューバのナショナルデー『解放記念日』。キューバ革命が達成されたメモリアルデーです。 

日本では分煙・禁煙が進み、喫煙する人とそうでない人とが混在することはあまりないと思います(バー、居酒屋は別かな?)が、ここキューバではというと・・・。
キューバの喫煙状況についてお伝えします。

ここではだれでもどこでも喫煙 

日本のように法律でたばこが吸える年齢が規制されていません。12歳で吸う子どももいるそうです。 
また、結構、女の人もたばこを吸います(下宿のKarlitaさんも喫煙者)


ハバナ大学の外国語学部は狭くて、部屋が密集していることもあり、建物全体が禁煙(珍しい!)になっていますが、吹き抜けのビルでは、廊下や通路で喫煙ができ、灰皿もあります。休憩中に学生はたばこを吸っています。また、レストランも分煙・禁煙のレストランをほとんど見かけず、テーブルに灰皿がおいてあります。テラスで葉巻を吸うおじさんもいて、キューバならではですが、わたしはちょっと・・・(けむいのよ

 

日本では道を歩きながらたばこを吸うことができない地区もありますが、ここでは道での歩きたばこは普通。吸い終わったら、道にポイ捨てをします。(これもちょっとね~)

禁煙なのはバスの中ぐらい?(*ちなみの庶民が利用するハバナのバスは一律0.4CUP2円、ただしお釣りはくれない)

たばこは安くて、キューバたばこ1パック0.35CUC50円)ぐらいだそうです。
これでも髙いのかも・・・? 

このページのトップヘ