キューバ 街角だより ~ Informe de la Habana ~

エイムネクスト株式会社では、キューバの国立ハバナ大学に、2015年10月から日本語教師を派遣しています。 現在赴任されている山田芳子先生が、キューバの首都ハバナの街の人々や、日本とは事情の全く異なる生活の様子などを詳しくレポートしています。 “ キューバの今! ” をご紹介します。


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ

 先日、2年生のクラスで日本のテレビ番組「どっきりテレビ」を鑑賞しました。(出席者が少なかったので、お遊びとして。)

学生から「先生、アイドルって何ですか?」と聞かれたときは、説明に困った…。
改めて聞かれると、アイドルと呼ばれる人たち、実際何していると言ったらよいのでしょう?


番組のどっきりについては、学生は結構笑っていましたが、「このドッキリはちょっとひどい」と言ったのもありました。
 


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ


先日、「キューバ国立美術館・キューバ館」「ユニバーサル館」2つの美術館を見てきました。
2館共通で
CUC=8ドル:外国人料金)ですが、私は外国人滞在証明書を所有しているので、これを見せるとキューバ人と同じ入館料CUP(40円ぐらい)になりました。
もう、外国人とキューバ人では大違い!
キューバ館のほうは見ごたえあり。結構、広かったですよ。

 

他には、住んでいるところの近く(ハバナ大学の近く)に、なぜか「ナポレオン博物館」があり、何が展示されているのだろうと前から気になっていたので、こちらも行ってみました。
ナポレオン時代の武器、ピストル、服、肖像画、食器などが展示されていました。
ちなみにこちらは無料でした。(^∀^)

 


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ


 Cubaturバスツアーを利用して、ハバナから西に150キロぐらいのところにあるVi
ñales(ビニャーレス)という所を観光してきました。ツアー料金は59CUC(ホテルPick-up、昼食、ガイド付き)で全行程11時間ぐらいです。

よく見かけるtranzturのバスで観光
ツアーバス
 

7:45にハバナリブレホテルのロビー集合。バスのPick-upは予想通り遅れて、バスが来たのは8:10頃でした。まあ、乗り合いツアーバスはこんなもんよね。(^^;)
このあと他のホテルの滞在客をひろいながら、9時近くにハバナ市内を出発。
ツアー客はイタリア人、ドイツ人、アメリカ人、台湾人(最近中国人じゃない台湾人観光客も増えている)といろいろ。でも日本人は私のみ。ツアー客は全部で30人ぐらいでした。

のどかな田舎の風景を眺めながら、2時間ぐらいでVi
ñalesから15キロぐらい離れた町ビナール・デル・リオに到着。ここでラム工場を見学しました。


ラム工場(Casa Garay・・・町工場という感じの小さなラム工場(両隣は普通の家)で、ここだけのGuayabita del Pinar(果物のグアバとサトウキビから作るラム酒)を醸造、販売しています。
ここではこのラム酒の試飲、瓶詰め作業見学、ほしかったらラム酒の購入(葉巻の販売もしている)もできます。
但しこの工場、ホントに小さくて、50人もツアー客が来たら入りきれなくて、工場内は混みこみ(まあ、工場を作った当時はこんなに観光客が来るなんて思ってもみなかったんでしょうね)。
で、わたしは工場外にある民芸土産店を見て、こことは関係のない皮のブックマークを買ったのでした。

ラム工場(Csa Garay)
ラム工場

 その後、またバスに乗り、景色を見ながら昼食レストランへ


 昼食レストラン(Mural de la Prehistoria・・・レストランはなかなか景色がいいところにあります。すぐそばの岩山の壁に壁画があります。ほとんどのツアー客はここで昼食です。
料理はキューバの典型的な料理で、サラダ、フルーツ、パン、じゃがバター、ローストポーク、コングリ(黒豆のご飯)、ミニデザート、デミカップのコーヒーと飲み物(水、コーラ、ビールから1つ選ぶ、その他は有料)で、まあまあおいしかったです。8人テーブルに座り、料理、飲み物はウエイターが持ってきてくれました。

レストラン周辺の景色
レストラン周辺
壁画
レストランの壁画
一番右の建物がレストラン
レストラン遠景
レストランの様子
レストランの様子

 お腹がいっぱいになった後は、ビニャーレスにある洞窟の1つ、La Cueva del Indio


洞窟(La Cueva del Indio・・・洞窟内を徒歩とボートで見学。
まず、歩いて洞窟内の奥にあるボート乗場へ行きますが、雰囲気は“カリブの海賊の洞窟”という感じでしょうか(でも、ここ、海じゃなくて陸ですが。)
それから、15人乗りのボートに乗って鍾乳石を見学しながら、洞窟の外へと出ます。
ここでちょっと不満が…(ブーブー)。
というのも、ボートに乗っている時間は10分もないですが、待っている時間は1時間Vi
ñales 1日ツアーはどの旅行会社も行程が同じで、行き先も同じ。ということは、同じ時間にツアー客が重なり合うわけで…。せめて、行き先の順番を変えるとか考えてよぉ。でも、この洞窟見学はツアーのハイライトだから、最初に持ってくることはできないのかなぁ。
ツアーは見どころを効率よく廻るから便利だけど、こういった待ち時間があるのは団体旅行では仕方がないんでしょうね~。

洞窟(La Cueva del Indio)
洞窟
洞窟の出口(ボートが帰っていきます)
洞窟の出口
 
 

 洞窟見学のあとは、葉巻の葉っぱを乾燥させている小屋の1つへ


葉巻の葉っぱを乾燥させている小屋(名前は忘れた)・・・見学したこの小屋では、68週間ぐらい葉っぱを乾燥させて、その後、葉っぱの80%を工場へ出荷するそうです。残りの20%はここで葉巻を作って、個人的に販売しているそうです。
小屋の中で葉巻販売をしていました。(110~15本:30cuc)。
ただ、葉巻のまわりに巻いてあるシールは貼ることはできないそう。でも、品質はいいとガイドの人は説明していました。まあ、産地直売ですよね。みんな結構買っていましたよ。
小屋のすぐ外のレストランでは、おじさんが葉巻作りを実演していました。このおじさん、実演あとには優雅に葉巻を吸っていました。(地産地消!? 

葉巻の葉を乾燥させる小屋
葉巻の工房
乾燥中・・・
葉巻乾燥中
小屋の中で販売中(1束30cuc)
葉巻の個人販売
葉巻づくり実演中
葉巻づくりの実演

 そして、ツアーの最後はビニャーレスの谷が一望できる展望台


展望台・・・写真でどうぞ。展望台周りにはプールつきホテル、お土産物屋、カフェ(バー)があります。

展望台からの景色
展望台からの眺め2
展望台からの眺め1

 ビニャーレスを堪能したあとは、ハバナへの帰路につきます。帰りのバスはシエスタ時間
…みんな寝ていました。
ハバナ市内に到着すると、行きとは反対の順序でホテルでツアー客を降ろして、ツアーは終了。ハバナのホテル到着は午後7時過ぎでした。
 バスの中からの景色(ハバナへの帰路)
バスからの景色1
のどかな感じがいいね・・・
バスからの景色2

 Viñales 1日ツアーですが、ビニャーレスの見どころは町の中心部から離れたところにポツンポツンとあるため、一人で1日で見物となるとタクシー手配とか大変です。なので、ツアーはお得かと思います。(ビニャーレスの町にもバスはありますが、本数は少ないようです。)

ツアーガイドはスペイン語英語で説明してくれます。
キューバの通貨
CUPCUCの違い、キューバ人の生活、平均月給、キューバ人にとって安いもの・高いもの、キューバ人で政府で働いている人は税金を払わなくてもいい、とかいろいろ興味深い話をしてくれました。スペイン語、英語がわかったら、混載ツアーも楽しいかもしれません。
 

 Viñalesですが、風光明媚なところで、ここだけで見られるかわった岩山(?)や洞窟などあり、のんびりしているので、時間があったら、ここで数日ボーっとして、自転車借りてサイクリングしながら(丘の上の展望台に行くにはさすがにきついと思いますが)、風景を楽しむのがいいと思います。
(次回行くなら、私はこの方法にします!)


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ


実は4月11日からの1週間は大学が休みで、外国語学部の建物も閉まっています。

理由は、Victoria de la Semana(勝利週間”と訳してみた。)

1961年4月に起きた「ピッグス湾事件」…アメリカが支援する部隊がキューバの南方にあるピッグス湾を攻撃しましたが、キューバが勝利したそうで、祝日ではありませんが、それを記念して休みだそうです。


ただし、休みになるのは学校と学校関係の機関・会社で、普通のところは休みではありません。

早く言ってくれたら、旅行計画立てたのに・・・。
でも、近場だったら行けるかな。 

・・・ということで、木曜日にはビニャーレスという観光地へ行って来ようかと思います。(初の1日ツアー旅行!)

 


キューバ(海外生活・情報) ブログランキングへ

大きな事件はそんなに起こりませんが、小さい出来事が起こるのは日常茶飯事で、今週はそんなことばかりの典型的な週でした。

≪月曜日≫・・・

住んでいるCasa Particularに、ジカ熱対策の消毒が来ました。部屋中が煙に・・・。
2時間ぐらいで煙はなくなりましたが、においはその日中残りました。消毒してくれるのはありがたいけど・・(2日後には蚊が飛んでいましたが、いったい何の消毒?)

 

≪火曜日≫・・・

昨年の9月末に来たとき以来ずーっと故障中の外国語学部のエレベーターの修理が始まりました(そして、うるさい!)

部品が届いたみたいだけど、修理はこれで3回目。本当に直るのだろうか。
キューバでは古いエレベーターには乗らないほうがいいです。時々停電があるし、それに、いつストップするかわからないし。

ここのエレベーターが動くようになったとしても、元気なうちは階段を使おう!

 

水曜日≫・・・

時々停電があると書きましたが、その停電が夜にありました。1ヶ月ぶりぐらいのことですが、災害がなくても停電はあります。
ただ、いいところは停電してからの回復は意外と早く、1時間か2時間ぐらいすれば回復します。でも、いつも原因はわからない。(単に電力供給が足りていないだけでしょうけど)

 

木曜日、金曜日≫ そして、今日も続く、エレベーター修理工事・・・

 

どちらかといえば、最近の日本ではあまりお目にかからないことばかり。
今の日本で、保健所の人が来て(ここでは軍人ですが)家を消毒することなどあるのかな。


それに日本では、エレベーターやエスカレーターの点検・メンテナンスは定期的にあると思いますが、ここでは故障したら修理するという考えでしょうか。それでも、修理に必要な部品があればいいけれど、ない場合はどうしようもありません。
停電も日常的ですし、道路歩いていると、たまに信号が消えていることもあるし・・・。それでも交通整理に警官が来ることはありません。

なかなか油断ならない日常生活です。

 

このページのトップヘ